JACK WHITE (Arroyo Seco Weekend)

June 2018 @ Brookside at the Rose Bowl, Pasadena, CA –

Arroyo Seco Weekend というロサンゼルス郊外パサディナの2日間フェスの続きですが、セカンドステージのベルセバのライブが終わるとメインステージにダッシュ!

でもジャック・ホワイトのスタートに微妙に間に合わず。

しかし遠くから聞こえてくるジャックホワイトのギターは超やばい!

ただのギターロックなのに、最初の音だけで鳥肌が立ちました。

ステージセットも意外に大掛かり。

スクリーンのビジュアルにも手が込んでいて、ただステージの様子を映すのではなく、様々な特殊エフェクトが施されていました。

ジャックホワイトの単独ライブでは携帯・スマホの持ち込み(撮影じゃなくて持ち込み自体)禁止されているので、こういう画像が撮れるのはフェス会場だけです。

再度言いますが、ただのハードロックなのに、なんでこんなに引き込まれるんだろーってぐらいめちゃめちゃ中毒性のある音。

キーボードもフィーチャーされていましたが、ジャックホワイトのギターとアレンジがなにせかっこいい。

映し損ねましたが、ドラムの女性も猛烈にかっこよかったです。

ソロではやらないだろうと思っていた「Seven Nation Army」が最後に来たのでびっくり。

正直蛇足ではないかと思いました。

ソロの音源とちょっとマイナーな曲にスポットライトを当てるだけで充分です。

さて、続いてはセカンドステージに移ってスペシャルズのライブを観るのだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.